千葉県木更津市 | 木更津市立請西保育園

保育方針

薬について

・第三者による薬の投与は、本来医療行為にあたる為、保護者の皆様が直接与えていただくのが原則です。医師の診察を受ける際には保育園に在園していることと、保育園では原則として投薬できないことを伝え、できるだけ朝夕2回の処方をお願いして下さい。

・やむを得ず保育園で投薬が必要な場合は、保護者から依頼を受け、保育士が保護者に代わって薬を与えます。依頼書に記入していただき、薬に添付して手渡しして下さいますようお願いします。

 *市販の薬は対応できません
 
 *熱が出たら、咳が出たら…というように、症状を判断して
  与えなければならない薬は、対応できません。

 *薬は、お子さんを診察した医師が処方し調剤したもの、
  またはその医師の処方によって薬局で調剤したものに
  限ります。

 *保護者の個人的な判断で持参した薬は、対応できません。
 (前回処方され残っていた薬など)

 *慢性の病気については、園にご相談ください。


≪誤飲を防ぐため、お手数ですが必ず下記のとおりおねがいします≫

① 薬には必ず依頼書に必要事項を記入の上、
 添付してください。

②『薬剤情報提供書』も添付して下さい。

③ 服用する薬はすべて1回分の量に分けて当日分のみ
 ご持参ください。(水薬も)

④ 粉薬の袋や水薬の容器には必ず名前を記入し、薬の依頼書と
 合わせてビニール袋に入れて持ってきてください。
 ビニール袋にも名前を書いてください。

⑤ 薬は職員に必ず手渡ししてください。

※おたより帳にも「薬があります」と一筆記入してください。

①~⑤までの手順が抜けていた場合投薬できません。
あらかじめご了承ください。